犬が「がん」で死亡する確率

犬が「がん」で死亡する確率が増えてきています!

犬や猫などペットの「がん」は人間と同じで早期発見・早期治療が大原則になります。
近頃は生活環境や栄養状態が良くなってきました。
犬や猫などペットの寿命もひと昔と比べると長くなっています。
ですが、その反面、「がん」で命を落とす犬や猫などペットも増えてきています。
 
人間と同じなのです。生活習慣病や肥満が増えています。
その結果として犬や猫などペットのがんになる確率が高くなっています。
人間にとっても犬や猫などペットにとっても、
がんは暮らしや食生活が豊かになったことによって増えてきた現代病なのです。
 
「食生活」「ストレス」「運動不足」などによってがんが発症します。
大きく生活習慣の影響があると考えられています。
犬や猫などペットも人間と同様に生活習慣を見直してあげましょう。
それは飼い主の役割です。しっかりと健康を管理しないとがんにかかりやすくなってきます。
 
そして、猫のがんは犬よりも悪性の可能性が高いです。
転移しやすいので早期発見が大切です。
がんである!と診断されても早期ならば大丈夫です。
直径2ミリから3ミリ程度ならば手術をして切除することができます。
それ以上の大きさになっていても適切に治療をしてもらいましょう。
動物病院の獣医さんにアドバイスを貰いながら治療をすると改善する可能性もあります。
飼い主は日常的に犬や猫などペットの異常サインを注意してあげましょう。
手遅れになってしまう前に早期治療をしてあげる必要があります。
 
 
 
  • 犬種によってがんにかかりやすいとかかかりにくいとかがあります。
 
がんの種類別に特徴をまとめておきましょう。
  • 乳腺腫瘍(乳がん)
乳腺腫瘍は避妊をしていないメスの犬や猫などペットがかかりやすいです。
幼いときから避妊処置をしていると乳腺腫瘍になるリスクを回避できます。
必要に応じて対策を講じておくと犬や猫などペットを守ることにつながります。
 
  • 皮膚腫瘍
犬や猫などペットが高齢になってくると、それだけ皮膚腫瘍になる確率が高くなってきます。
老犬・老猫になってくるとおできができても単純な皮膚炎とおもってしまうかもしれません。
ですが、体毛が抜けてきたり、「ただれ」や「おでき」が見つかった場合には
早めに動物病院の獣医さんの診察を受けるようにしましょう。
それが皮膚腫瘍の早期発見に繋がるのです。
 
  • 血管肉腫
血管のある臓器ならばどこにでも発症するリスクがあるがんです。
血管肉腫になりやすい犬種は「イングリッシュセッター」「ジャーマンシェパード」「ゴールデンリトリバー」
などです。
遺伝的な原因があるのかもしれません。
特に血管肉腫にかかりやすい傾向があります。
犬や猫などペットが高齢になると発症しやすいのが血管肉腫の特徴です。
 
  • リンパ腫
身体の中のリンパ節に発症するがんがリンパ腫です。
身体のあちらこちらリンパ腫が発生しやすい犬種があります。
「ボクサー」「コッカースパニエル「ゴールデンレトリバー」「ラブラドールレトリバー」です。
あなたの愛犬のあごの下や前足や後ろ足の内側に注目しましょう。
腫れていたら動物病院の獣医さんに診察をしてもらってください。
 
  • 骨肉腫
大型犬全般に発病しやすいのが骨肉腫になります。
あごの骨や足の骨に発症しします。症状が進んでくると激しい痛みを伴います。
場合によっては足を切断しなければならないこともあります。
それを回避する方法もあります。分子標的薬やメトロノーム治療です。
メトロノーム治療は抗がん剤のシクロスファミドを投与する方法です。
これによってできるだけ痛みを抑えてくれます。
普段の生活ができるようにコントロールすることも不可能はでありません。
 
  • 肥満細胞腫
主に「ゴールデンレトリバー」「パグ」「ボストンテリア」「ボクサー」などの
高齢になって犬や猫に発病するケースが多いがんです。
ときどきは若い犬にも肥満細胞腫が発症することもあります。
早期発見がとても大事になります。
香りにくい炎症は異常な皮膚炎が見つかったら早めに動物病院の獣医さんに相談してみてください。

犬のがん|サプリメント